スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ヤスヤさん&冴咲さん

タイトル通り、ヤスヤさんと冴咲さんのコンサートに行ってきました。

4月の発表会あたりで聞いてて楽しみにしてました。
…これのせいで交流会一週間ずらしてしまったんだよね。ごめんなさい(´・ω・`)


ヤスヤさんは何回も聞いてるけど結構久しぶり。なんか色々新ネタ増えてたよwwww
D-Deckで正露丸のテーマ弾きながらおもむろにSTAGEAの椅子ひっくり返したら正露丸のマークとかwwwずるいwwww

冴咲さんは初めてだったけど、こっちもすごかった。
サクラが個人的にお気に入り。CD版とはだいぶ印象変わるね。


今回はふたりとも曲集とかに載ってる曲が多かったような気がする。もちろんアレンジはめっちゃ難しそうだったけど…。
あと、客席の歓声がなんかすごかったwwwwものすごい盛り上がりwwww


実はCDも曲集も持ってるので、曲集持参してサインもらってしまった(ノ∀`)
なんか年末辺りにサクラ弾いてくれるみたいなので楽しみですねw

新居訪問

きょ夫妻の新居(といっても2年くらいで引っ越すらしい…)におじゃましてきました。

お客を招待して自分は寝るというのは新しい芸だと思った(笑)
まぁ、話を聞くにそうとう疲れてるっぽいし、仕方ないね。

それにしてもこの夫妻、しゃべるネタがほとんど一緒である。さすがは夫婦(謎

社会人になってからそれぞれ色々あるんだなーと思いながらぼーっと話を聞いてました。
人の話を聴くのは楽しい。
今日はご招待ありがとうございました。

現実とか見たくない(´・ω・`)



プログレ

5月〜先週末までライブ三昧だった上に、トドメでCMBライブBlu-rayなんて届くもんだから、
ロックとかそういうのが弾きたくて仕方ない。
シンセとかオルガンとかかき鳴らしたい。なお、そんな腕はない模様←

オーケストラとかそういう系への興味が吹っ飛んでしまったww
もっと鍵盤上手くなりたいなぁ…。


ちなみにCMBのBlu-rayはもう3回くらい見返してる←
あれ、生で聴けてホントによかったよなぁ。


そういえば、今日たまたま知ったんだけど、新CMBのシホリーヌはエレクトーンコンクール1位だったそうな。
エレクトーンやってたんだ。しかも1位ってすげぇて

Minori Chihara Live 2012 ULTRA-Formation/PARTY-Formation

みのりん初のアリーナ公演、幕張2days参戦してきた。

・1日目 ULTRA Formation
今日はツアーの集大成という触れ込みで、ツアー本編に加えて「君がくれたあの日」と「優しい忘却」追加、さらにメドレーがフルでという凄まじく濃密なセトリで歓喜。
君がくれたあの日最近なかったから嬉しかったー。

この日はスタンドA席でステージ真正面で、みのりん達は残念ながら小さくしか見えなかったんだけど、ステージ上と会場全体がよく見渡せる席だった。
会場全体がサイリウムで青く染まるのがよく見えて、すごく綺麗だった。圧巻でした。

・2日目 PARTY Formation
この日は、会場アクセスとライブ時間を見誤ったせいでアンコール最後のところで離脱せざるを得なかったのが残念(´;ω;`)ブワッ
休み取れるかわからなかったから仕方ないけど…。行かなくて後悔するよりはよっぽどいいと思って。


この日は何が出てくるか全然想像がつかなくて、何が出るかなとwktkしてました。
個人的にはContactが超久しぶりに聞けて嬉しい。その他も以前のライブのイイトコどりみたいな曲が多くて満たされました。
それからそれから恒例のCMBの演奏もこの日のためだけの新曲。場つなぎってクォリティじゃねーぞwwwwwなにあれ楽しいwwwww



今回のライブはツアー本編からずっとそうだけど、今までの中でも特にステージ上の人たちが楽しそうで、見ているこっちも自然ににやけるようなそんなステージでした。


そしてライブの中でまさかのサマキャン4発表。
開催時期的に大阪で発表なかったからもう諦めてたのにまさかの発表でもう大盛り上がり。
1日目に聞いたとき、「あれ?疲れてて何か聞き間違えたか?」と思わず疑ったくらい。

でも、今年も暑い夏が迎えられることになって嬉しすぎる←まだチケットは取れていませんw
宿に戻っていそいそと河口湖の宿を予約する自分がいた←まだチケットは(ry
今年は新メンバーのサンバが見れると思うと胸熱←まだ(ry

2012年はカウントダウンから始まって、以降ずっとみのりん充だなぁw
一体いくらみのりんに突っ込めばいいんだろうw


それにしても今回のライブはセトリが超濃密だったことに加え、雨のなか物販列に長時間立ちっぱなしで並んだこともあっておじちゃんの体力はもう限界ですorz
参加した皆様お疲れさまでした。

あと、どうしようって迷ってたところに勝手にチケット申し込んで無理やり来てもらった伽羅もお疲れさまでした。幕張へ日帰りはきつかったね。。。

それから、最高のステージと笑顔をくれたみのりんとCMBとスタッフに最大の感謝を!


英語

最近、技術的な解決法を探して英語のフォーラムを見ることが多い。
AWSとかほぼ日本語の情報ないし…。(でも自分から「仕事でAWS触れる」って今の会社入ったってのはあるんだけど…)

なので解決策はほとんどAPIドキュメントとフォーラムに頼ることになるんだけど、ほぼ英語しかないよね(ノ∀`)アチャー
日本語フォーラムがある技術もあるけど、ほとんど過疎ってるしねぇ┐(´д`)┌ヤレヤレ


そうやって仕方なく英語のフォーラムをたくさん見てたら段々英語を見るのが(読むのではなく)苦痛じゃなくなってきたw
いろんなところで聞いた「ソースコードは万国共通だから大丈夫」ってのいうのも今ならちょっとわかる。
あと、言葉が違うだけで、海外でも結構似たようなところでハマってるみたい。ちょっと読むと、自分と同じ問題を抱えてるってのがわかったりして面白い。

まぁ、さすがに英語のトピックやらリリース情報読んだり、自分でフォーラムに投稿出来るほどには至ってないけど、自分レベルの英語でも何とかなるもんなんだなぁってちょっと自信がつきました(笑)



若者の自殺が云々

若者が自殺するのは当然

就活失敗で自殺する大学生が増えてるそうな。
自殺を容認するわけじゃないけど、自殺を選択しても「仕方ないね」って思ってしまう(´・ω・`)

ちなみにこれ、twitterのTLとかmixiの関連日記見てると年代でかなり反応が分かれるね。
大体30代くらいから「就活失敗くらいで自殺するなんて」とか「これだからゆとりは」みたいな反応になり、20代以下だと「老害( ゚Д゚)<氏ね!」とか「自殺しても仕方ない」みたいな反応になってる。(あくまで主観)

あと30代以上だと、「若者は競争をしてこなかったから〜」っていうけど、それを選べる権利は当時小中学生の若者側にはないわけで。
自分たちの責任じゃないのに責められるとかたまったもんじゃないよね(´・ω・`)
というかそもそも、実際に1000人も自殺してる異常な状況なのに自殺する側に鞭打つとか頭おかしいと思うんだ(´・ω・`)

自分が新卒1年半で転職活動して思ったのは、意外とやり直しは効くってことは思った。でも正直精神的にはとっても辛かった…orz
新卒で失敗しても多分何らかのやり直しの方法はあると思うけど、これ以上にしんどいだろうしバクチになっちゃうと思うのでやはり「自殺も仕方ないね(´・ω・`)」に傾く。


そんな中で自分たちが出来ることはーなんて考える。
自分が仕事するうえで密かに思ってたことは、後輩とか入ってきたらなるべく残業・休日出勤ないようにしてあげたいなーとか。これから社会に出る後輩たちが少しでも働きやすいようにしていかないとなーって思う。

しかし残念ながら今の部署だと残業自体ほどんどない上に、なにか起こらない限り後輩なんて数年は入ってきそうもなく、下手すると後輩なのに年上なんて状況もありうる部署なので上の目標は若干微妙ではあるw


ELのデータを変換してシーケンスを組み込んでみた

レッスンで次にやる曲はELのデータを変換してやることになりました。
というわけで、次回までの宿題はELのデータをELSに変換してシーケンスを組み込んでおくこと。
別にMDRのカスタムプレイでも演奏はできるけど、部分練習とかめんどくさいし、FDのデータそのままだと音が編集できないので。


ではその手順を備忘録も兼ねて紹介。
なお、ELS変換は1曲に付き1回しか出来ないので注意(変換できないだけで普通に再生とかはできる)
FDドライブのあるPC持ってるならまるごとFDコピーして変換すれば何回でも…ごほっごほっ。

  1. FDの変換したい曲を選ぶ。
  2. ツール→変換→ELS変換
  3. 変換したデータの保存先を選んで保存。

変換はこれで終了。
以降、変換したデータは市販で買ったデータと同じように扱える(はず)。


次にシーケンスにレジストチェンジを仕込むやり方。

まずは編集用のデータを作成。
  1. 変換した曲データを読み込む。
  2. 読み込んだデータの下の空白のところを選択して、レジスト編集→保存する。
  3. 鍵が2個ついたデータが作られる。
この鍵が2個ついたデータは編集して保存することが出来ます。
ただし、このデータは元々のデータを移動すると一緒に移動します。編集用のデータを移動しても同じ。

ELのデータは、SEQはあくまでリズムだけで、レジストチェンジは録音データに組み込まれています。
それをELSの市販データのようにSEQごとにレジストが変わるようにします。

  1. 作成した鍵が2個ついたデータを読み込む。
  2. PROGRAMボタンを押して、SEQ1ボタンを押す。
  3. 「レジスト」を選ぶ。
  4. レジストチェンジを順番に入力する。
次にレジストチェンジの入力方法です。
バーが、このSEQが始まってからの小節数。
ビートが、1小節の間の拍数。
クロックが、1ビート間をさらに96分割したタイミング。

バー、ビート、クロックを指定して、そのタイミングで変わって欲しいレジストを選択肢、セット(もしくは挿入)でレジスト番号がセットされます。
例えば、バー2、ビート3、クロック0にレジスト2をセットすると、SEQが始まって2小節目の3拍目に入った瞬間にレジストが2に変わります。
この要領でそれぞれのタイミングごとにレジストをセットしていきます。

ここで気をつけることが2つ。

  • レジストチェンジは、実際に変わってほしいタイミングより若干早めにセットする。
さっきのようなバー2、ビート3、クロック0だと、3拍目から音が変わりますが、読み込みには一瞬の時間がかかるため、前の音が一瞬だけ出てしまいます。
テンポ120くらいなら、10クロックくらい早めにしておくとちょうどいいみたいです。(市販のデータがとても参考になります)
当然、テンポが早いなら20クロックくらい早くした方がいいです。その辺は実際に弾く人によって変わると思います。


  • SEQの始まりのところでレジストが変わっている場合、その一つ前のSEQの最後と始まりのところでレジストが変わっているSEQの両方にレジストをセットすること。
ひとつ前のSEQにセットするのは前述のとおり、少し早いタイミングで音を変えるためです。
SEQの始まりにもレジストをセットするのは、そのSEQから弾き始めたときにその始まりの音に変わるようにするためです。
例えば、SEQ2の始まりでレジストが3に変わっているならば、SEQ1の終わりにレジスト3に変わるようセット。SEQ2のバー1、ビート1、クロック0にもレジスト3をセットといった感じです。


音が変わる微妙なタイミングをきっちりセットするアレンジャーの方ってやっぱりすごいんだなぁと実感します。(もしかしたらテンポごとのマニュアルみたいなのも存在するのだろうか?


自分の会社のこと

会社の新卒向け説明会に急遽参加することになりました。

中途入社するに当たっては新卒の時みたいな会社説明会はなく、自分が働く部署のことと待遇・福利厚生くらいしか聞けなかったので、会社のことを知るという意味でもいい機会になりました。

他の部署とかまだほとんど関わり持ててないので、一緒に参加してる新卒の人と殆ど変わらない状態で見てましたw
「この製品はこんな感じで作られてます」とか、「こんな苦労がありました」とか、この状態で聞くともう少し具体的にイメージできるのでより聞いてて楽しい。選考のプレッシャーもないしねw


それにしても、新卒の学生たちが製品とかを新鮮そうに受け止めてたのが印象的。
もうそれなりに薄汚れている自分だとあんなふうには慣れないんだろうなぁ(^_^;)



1ヶ月経過

会社を移って1ヶ月が経ちました。時間経つの早すぎワロタwwwwワロタ…

で、昨日ボスとちょっと話して、「まだ前の仕事の仕方の感じが抜けてないな」というようなことを言われた。
今担当してる仕事は前の仕事と似たことだけど、部署全体の仕事は他にもいろいろあるから、そっちも覚えていって欲しいとのこと。

あと、少しずつだけど先のことも考えていく必要があるよーってことも言われた。
特に今の部署は間接部門だから余計そういう事を考えておく必要がある。

とりあえず、無事に会社変わったことにほっとしてたところがあるので、そろそろ慣れていかないといけないな。



D-formationツアー思い出

茅原実里D-formationツアー大阪2days参戦してきた。
この2日間は熱かった。ライブ的な意味でも、気温的な意味でも。

いつもは遠征するときはぼっちなんだけど、今回は(勝手にチケット申し込んだのでw)伽羅も
一緒に参戦。ついに遠征デビュー…( ̄ー ̄)ニヤリ

1日目のタペストリーは迷ってたけど実物見て即購入決定www曰く、「一瞬だったwww」らしい。あんな表情のみのりんなら買うしかないじゃないか。
2日目のタペストリーも、twitterで見た瞬間購入を決定。大阪は2日とも自分好みのタペストリーだったなー。しかし、SALのときといい、どうも自分は愛知の柄とは相性が悪い(´・ω・`)


肝心のライブは最終日が激アツだった。さすがに最終日はすぐ完売しただけのこともあって、ここまでの14公演で訓練された猛者どもが集ってたw
歓声の上がり方とか、盛り上がり具合が今までの比じゃないwwwなんというか、観客側もわかってるって感じだった。
心なしか演奏側もいつも以上に気合が入っていたような。

今回のツアーは、MCでCMBも言ってたけど、終わってしまうのがほんとうに寂しい。
それだけ今回のツアーが濃く楽しいものだったということなんだけど。
実際、今までのツアーの中でも一番楽しかったなと個人的に思ってる。

今まで以上にみのりんとメンバー、もしくはメンバー同士の掛け合いや振り付けがいっぱいあって、見て楽しい、聞いて楽しい、旗振って楽しい、跳んで楽しい、と本当に楽しいライブだったなー。どこを見てたらいいか困るレベルwww
アンコールとか、ステージ脇でスタッフも旗持って跳ねてるしwwwお前らwwww仕事しろしwwww


こんな楽しいツアーが終わってしまうのはほんとうに寂しいけど、次は幕張2days(`・ω・´)
FC先行はまだ届いてないけど、その他のいろんなところで取られたチケットは結構3階席とかだったりするみたいだから、m.s.s枠は期待してもいいのかな?(・∀・)ニヤニヤ


続きを読む >>


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

New Entries

Recent Comment

ブクログ

search this site.

にほんブログ村