スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

8年と3ヶ月後の呪い

8年と3ヶ月とは99ヶ月のことである。

 

ある日、定期的な処理を行っている社内の基幹システムが不明なエラーを上げるようになった。

ベンダーに問い合わせるとパスワードの期限が切れたので変更してほしいとのこと。

 

定期処理を行っているユーザーを確認するとたしかにパスワードの期限が切れていた。

なぜこういう定型処理をするユーザーにパスワードの期限なんて設定したのかと思ってみてみたら理由がわかった。

パスワードの利用期限が99ヶ月に設定されていたのである。

 

システム自体はバージョンアップしているものの、元の古いシステムのときに当時入力できた最大値の99ヶ月を設定したらしい。

まさかその8年3ヶ月後が実際に来るとは(笑)

 

 

なお現行バージョンでも99ヶ月以上は設定できないためまた8年3ヶ月後に同じ問題が発生する模様。

絶対そのときには忘れてるだろうなぁ(笑)

 

 


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

New Entries

Recent Comment

ブクログ

search this site.

にほんブログ村