スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Windowsタブが流行らない理由



Windows10が約40分をかけてアップデート完了した直後の画面。
この画面のまま一切操作できずに1分くらい経過。早く使わせろよ。
※おそらくバックグラウンドで適用処理を行っていると思われる。

家のWindowsマシンはこのWindowsタブレットしかないけど、やっぱりWindowsをタブレットで使うのはしんどい。
まだまだタブレットに対応したUIになっているものが少ないからだと思う。
PCの画面のまま無理矢理タブレットで操作している感があるのが辛い。


当然、通常のアプリはマウス前提の作りになっているのでタッチとマウスの挙動の差を理解しないといけない。
ゲームとかやってると2回タッチしないと1クリックにならなかったりするけど、これは1回目のタップでマウスの位置を確定(その位置にマウスが来たことを確定)して2回目がクリックになっているからだと思われる。
タッチした場所と違う場所が反応するのも同じ理由で、マウスカーソルが前の位置にあるまま画面を触るから、触った場所と違う場所がクリックされたような挙動になる。
ここをうまく理解しないとタブレットを使いこなすのは難しい。だから使いにくいとか言われるんだと思う。


まぁ、言ってもこのタブレットはほぼほぼゲームにしか使ってないんだけど、まだまだPCでプレイされる前提で作られているものが多いと思う。
ゲームこそタブレットに適応したUIにすべきだと思うんだけどなぁ。
開発コストかかるから無理かな…。
   

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

New Entries

Recent Comment

ブクログ

search this site.

にほんブログ村